/

この記事は会員限定です

関西の教育、エドテックで変革 ECCやパナソニック

関西ビジネスマップ・エドテック編

(更新) [有料会員限定]
<訂正>5月19日午前5時に公開した「関西の教育、エドテックで変革」の記事中、「乾武史・教育改革推進室長」とあるのは、「乾武司・教育改革推進室長」の誤りでした。

教育にデジタル技術を取り入れる「エドテック」企業が関西でも増えてきた。人工知能(AI)で生徒の英語の発音を評価したり、プログラミングを学べる家電を開発したりと学校向けサービスも相次ぐ。小中学校でのタブレットなど学習端末の整備も追い風だ。エドテックは首都圏の企業が先行していたが、教育熱の高い関西でも参入が広がっている。

近畿大学付属小学校(奈良市)の6年生の教室。生徒が自身のタブレット端末に向かって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1549文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン