/

この記事は会員限定です

強硬中国、転換へ連携を 日米中関係巡る国際シンポ

国際シンポジウム「バイデン政権下の日米中関係」

[有料会員限定]

日本経済新聞社と兵庫県立大学は4日、国際シンポジウム「バイデン政権下の日米中関係」をオンラインで開催した。登壇した内外の識者らからは、多国間主義を掲げる米バイデン新政権と同盟国が連携を強化し、強権路線を続ける中国に対峙すべきだとの意見が相次いだ。日本は国際秩序の構築で積極的な役割を果たすため、発信を増やすべきだとの見方も示された。

五百旗頭氏(モデレーター)バイデン政権時代の米中関係はどうなるとみ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2232文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン