/

この記事は会員限定です

靴底からデータ、アシックス奔走

[有料会員限定]

アシックスが12月、内蔵センサーで走り方を分析する新しいシューズを発売した。着地の衝撃や歩幅などのデータを新製品開発に生かすほか、食材の提案や医療・保険分野にも応用する。新型コロナウイルスにより、スポーツ産業は大打撃を受けた。シューズを売るだけでは終わらないビジネスモデルへ転換する。

「右足の負担が重くなっているようです」。アシックスのシューズを履いて走り出すと、イヤホンからアドバイスが聞こえてき...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1804文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン