/

この記事は会員限定です

堂島商取、なるか活性化への転換点 4月からSBI主導に

[有料会員限定]

商品先物を扱う大阪堂島商品取引所が2021年4月1日、SBIホールディングス(HD)が主導する株式会社に移行する。低調なコメ先物に依存し、20年3月期まで7期連続の最終赤字と低迷。だが足元では取引も徐々に増えている。株式会社への転換でどんな変化が生まれるのか。

現在の堂島商取は先物事業者などによる会員組織だ。主力のコメ先物は本上場をめざすが、取引が膨らまず現在は5回目の試験上場中。大豆や小豆も取引...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り495文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン