/

この記事は会員限定です

「ダイセル生産方式」AIで20年ぶり刷新 年100億円削減

[有料会員限定]

化学メーカーのダイセルは、大幅なコスト削減に向け新たな生産システムを導入する。2000年に開発し、ダイキン工業なども採用するシステム「ダイセル方式」を人工知能(AI)の活用で進化させ、最適な運転条件を導き出したり、設備の不具合を予測したりできるようにした。修繕やエネルギーの費用を減らし、年間で最大100億円のコスト削減を見込む。自社にとどまらず、サプライチェーン(供給網)全体への採用も目指す。

新システムは網干工場(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1294文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン