/

この記事は会員限定です

関西企業、出勤7割減へ努力継続 緊急事態延長

[有料会員限定]

政府は2日、大阪、京都、兵庫の3府県などを対象にした緊急事態宣言の1カ月延長を決めた。引き続き「出勤者数の7割削減」を求められる関西企業は、テレワーク推進を継続。遠隔営業の強化や電子印鑑の導入などを進める。一方、テレワークが難しい中小企業からは「7割削減は無理」との声も上がる。

宣言対象エリアの出社比率を3割に抑制しているミズノは、遠隔営業の強化を図る。「感染拡大後は電話で商品説明をしていたが、現物を見...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1256文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン