/

この記事は会員限定です

パナソニック、負の連鎖断ち切れるか 人材引き留めカギ

(更新) [有料会員限定]
think!多様な観点からニュースを考える

パナソニックは2022年4月に持ち株会社化し、傘下に8つの事業会社を抱える体制になる。2月末には事業会社の名称など新体制を公表した。これまでも不採算事業からの撤退など改革は続けてきた。だが成長なき構造改革には遠心力が働き、飛び出していった優秀な人材も多い。負の連鎖を断ち切り、革新をもたらす人材を引き留めるには、魅力的な成長ストーリーが必要となる。

「旧態依然では企業は死んでいく」。1月、世界最大のデジタル技...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1333文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン