/

この記事は会員限定です

関西の百貨店、3月は全店売上高増 昨年激減の反動

[有料会員限定]

関西の主要百貨店が1日発表した3月の売上高(速報値)は、全店舗で前年同月より拡大した。2020年3月は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて臨時休業や外出自粛の影響があり、21年3月は2度目の緊急事態宣言が解除されたことなどで、反動が目立った。インバウンド(訪日外国人)需要の消失は長期化し、コロナ前の水準には届かなかった。

特に都心部で売り上げが伸びた。エイチ・ツー・オーリテイリング傘下の阪急うめだ本店(大阪市)は45%増だった...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り257文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン