/

この記事は会員限定です

塩野義製薬、開発と同時に生産立ち上げ コロナワクチン

[有料会員限定]

塩野義製薬は開発中の新型コロナウイルスワクチンの生産準備を急ピッチで進めている。月内に年間1000万人分の生産体制を整え、4月には3000万人分以上に引き上げる工事を始める予定。開発と生産設備の立ち上げを同時に進める異例の対応だ。厚生労働省に承認され次第、国産ワクチンを迅速に供給する狙いだ。

2月下旬、塩野義のワクチンを受託製造する協力会社ユニジェンの本社工場(岐阜県池田町)。昆虫細胞を用いる培養では世界最...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り930文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン