/

三井住友銀行、公立大学法人大阪と包括連携

三井住友銀行は1日、公立大学法人大阪と包括連携協定を結んだと発表した。同法人は大阪府立大学と大阪市立大学を運営する。協定では産学連携や学生支援、地域貢献など6業務を柱に据えた。

両大学は統合し、2022年4月に「大阪公立大学」の開学を予定している。大学が保有する研究シーズの事業化や実用化に向けて、同行の顧客とのマッチングを含めた支援をするほか、学生に対する金融教育の実施、地域の課題解決に向けた取り組みなどを想定する。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン