/

ダイキン、深紫外線でウイルス抑制する空気清浄機

ダイキン「UVストリーマ空気清浄機」

ダイキン工業は「UVストリーマ空気清浄機」を4月26日に発売する。旭化成と協業し、高性能フィルターで捕捉したウイルスに対して深紫外線を照射するユニットを搭載した。有害物質を除去するダイキン独自の「ストリーマ技術」とあわせて30分で99%以上のウイルスを抑制できるという。

価格は税込み15万4000円。旭化成グループの米クリスタルISが手掛ける深紫外線発光ダイオード(LED)を採用して付加価値を高めた。クリニックやオフィス、店舗など主に業務用途で販売する。新型コロナウイルスワクチンの接種会場などでの需要も見込む。

ダイキンは空気清浄機を海外で生産してきたが、滋賀製作所(滋賀県草津市)に新たにラインを設け、「スピーディーに供給するため国内で生産する」(船田聡常務執行役員)考えだ。

クリニックなどでの設置を見込む

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン