/

この記事は会員限定です

東洋アルミ、ヨーグルト蓋から半固体電池材まで自在

ココが光る

[有料会員限定]

東洋アルミニウム(大阪市)はアルミ箔で国内トップの4割のシェアを誇る。食品容器の蓋から電子回路の基板まで業界は選ばない。アルミそのものの加工技術だけでなく、樹脂や炭素など他の素材をうまく活用して付加価値を高められるのが強みだ。技術を次世代電池材料に生かす取り組みも進む。

「蓋にヨーグルトがくっつかない」。同社が2010年に開発した包装材料向けアルミ箔は、ヨーグルト業界の長年の悩みを解決した。開封時...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り736文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン