/

この記事は会員限定です

EVから産業向け転換 GSユアサ、電池モジュール化

関西企業攻める(下)

[有料会員限定]

日本政府が2050年までの目標として打ち出した温暖化ガスの排出を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」。ジーエス・ユアサコーポレーション(GSユアサ)の電池モジュール技術が、その実現を後押しするかもしれない。

北海道北部にある豊富町。北海道北部風力送電(北海道稚内市)が22年に同町で稼働する変電所に、GSユアサの出力24万キロワット、容量72万キロワット時と世界最大規模の蓄電池設備が採用された。提...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1554文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン