/

この記事は会員限定です

コロナ対策、関西の技術が存在感 ダイキンや塩野義

関西経済特集

[有料会員限定]

関西企業の技術が新型コロナウイルス対策で存在感を発揮している。ダイキン工業は高性能フィルターを活用し、国立循環器病研究センター(国循)の医療用マスク開発に協力。塩野義製薬は年内にもワクチンの治験に入る。大阪大学など研究機関の持つノウハウを生かすスタートアップも増えている。

輸入に依存している医療用マスクは国循を中心に国産化プロジェクトが進む。消毒して繰り返し使える本体と、使い捨てのフィルターに分か...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2363文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン