/

この記事は会員限定です

女性医師の絵本、被災地励ます 遺品の原稿から出版

阪神大震災26年

[有料会員限定]

「いつか人を温かい気持ちにし、勇気づける童話作家になりたい」。阪神大震災で命を落とした若き女性医師の絵本が、子どもたちに読み継がれている。遺品のノートにあった原稿から完成した絵本は、神戸市だけでなく東日本大震災の被災地にも贈られた。女性医師の姉の元には、今も感謝の手紙が各地から届く。

女性医師は、神戸大病院に勤めていた中條聖子さん(当時29)。1995年1月の震災で、神戸市の自宅で家具の下敷きにな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り737文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン