/

この記事は会員限定です

再開か休業か、大阪の飲食店葛藤 時短9時に緩和で

(更新) [有料会員限定]

新型コロナウイルスに伴う飲食店などへの営業時間の短縮要請が1日、大阪市と兵庫県、京都府で1時間延びて午後9時までに緩和された。最大3カ月にわたって時短要請が続く大阪市では、採算が合わないとして休業してきた店も多い。政府の緊急事態宣言の解除で客足は戻るのか。営業再開か休業継続を巡って、飲食店の判断は割れている。

「わずかだが予約も入り始めた」。大阪の夜の社交場、北新地(大阪市北区)にある炭火焼きが人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1485文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン