/

常磐線電車が脱線し炎上 茨城、警察追跡の車と衝突

(更新)
JR常磐線の電車と乗用車が衝突し、炎上した現場(26日午前、茨城県土浦市)=共同

26日午前0時10分ごろ、茨城県土浦市木田余のJR常磐線土浦―神立間の線路内で品川発勝田行き普通電車(10両編成)と乗用車が衝突した。JR東日本水戸支社によると、先頭車両の一部が脱線し、車とともに炎上。火は消防が消し止め、乗客と乗員計64人にけがはなかった。

県警土浦署によると、車は線路沿いの住宅の塀に衝突した弾みで反対側のフェンスを突き破って進入したとみられ、衝突後、電車の下敷きになった。事故の直前、警察車両が似た車を不審車両として追跡していた。近隣住民が衝突現場近くから立ち去る人物を目撃しており、県警は運転手が車を放置して逃げたとみて道交法違反(事故不申告)容疑で行方を追っている。

常磐線は土浦―羽鳥間で運転を見合わせたが、午後5時45分ごろ再開した。上下計122本が運休し、約2万7千人に影響した。

署によると、不審車両は現場から約2キロ離れた路上で後部ライトをつけずに走行。警察官が停止を呼び掛けたが急加速したため追跡、現場の約500メートル手前で見失った。

JR東によると、運転士は現場の約50メートル手前で車を発見し、急ブレーキをかけたが、間に合わなかったと話している。運輸安全委員会が派遣した鉄道事故調査官によると、電車は衝突の衝撃で脱線したまま約300メートル走行していたとみられる。

〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン