/

文化財防火デー、法隆寺で訓練 コロナで規模縮小

 世界遺産・法隆寺で行われた防火訓練(26日午前、奈良県斑鳩町)=共同

「文化財防火デー」の26日、奈良県斑鳩町の世界遺産・法隆寺で、防火訓練が行われた。火災を起こさない決意を新たにする法要も実施した。例年は大規模に放水するが、今回は新型コロナウイルスの感染拡大に配慮し、規模を縮小した。

午前10時半すぎ、消防関係者ら約50人が見守る中、収蔵庫の「ドレンジャー」という設備を作動させると、屋根の複数箇所から水が噴き出し、滴り落ちた。古谷正覚住職は「文化財を次の世代につなぐのが使命。今回はコロナで変則的な形だったが、毎年訓練を行いたい」と話した。

法隆寺では1949年1月26日、金堂が炎上し、古代仏教絵画の代表作とされる壁画が焼損した。この火災を機に、50年に文化財保護法、55年に文化財防火デーが制定された。壁画は非公開となっているが、将来の一般公開が模索されている。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン