/

関西広域連合、歓送迎会の自粛呼び掛け

関西広域連合が開いた新型コロナウイルス感染症対策本部会議で発言する吉村大阪府知事(左から2人目)=27日、大阪市北区

関西広域連合は27日、新型コロナウイルス対策本部会議を大阪市内で開き、「『関西・コロナ収束に向けて』頑張ろう宣言」を出した。就職や入学、卒業などで人の移動が盛んになるシーズンを控え、歓送迎会や花見など大人数や長時間の飲食を自粛するよう地域住民に求めた。

関西3府県に発令されている新型コロナの緊急事態宣言が28日までで解除されることを受け、気の緩みなどによる感染再拡大を懸念。宣言解除後も感染防止対策の徹底が必要と判断した。

この日まとめた宣言では、テレワークやテレビ会議の推進なども呼び掛けた。会議に出席した大阪府の吉村洋文知事は「宣言解除が決まったが、大切なのはリバウンドを起こさないこと。マスク着用での会食などを徹底し感染防止対策と社会経済の両立を模索したい」と強調。兵庫県の井戸敏三知事は「人事異動などで歓送迎会がどうしても増えてくる。飲食の場での対策を継続してほしい」と求めた。

同日の会議では、新型コロナのワクチン接種について財政支援などを求める国への提言もまとめた。接種会場までの交通費など接種体制の整備に必要な費用を国が負担するよう求めるほか、供給されるワクチンの量や供給時期を迅速に自治体に示すことを盛り込んだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン