/

この記事は会員限定です

大阪府が新車販売の9割を電動に 2030年目標、軽も対象

[有料会員限定]

大阪府が、2030年までに軽自動車を含めた府内の新車販売台数のうち9割を電動車とする目標を掲げることが28日、府関係者への取材で分かった。購入補助金や税制優遇などの支援策を21年度に検討し、ハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)などの購入を促す。政府が35年までに通常のガソリン車の新車販売をゼロにする目標を立てるなか、独自目標で早期の切り替えを目指す。

府はEVなど排ガスを出さない「ゼロエミッ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り688文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン