/

元国会議員秘書、1億円の強盗否認 京都地裁初公判

2010年に京都市左京区の不動産会社社長宅から現金1億円を奪ったとして、強盗致傷などの罪に問われた元国会議員秘書の無職、上倉崇敬被告(46)の初公判が25日、京都地裁(入子光臣裁判長)で開かれた。同被告は「私は犯人ではありません」と、一部を除き起訴内容を否認した。

上倉被告は事件当時、自民党の二之湯智参院議員(京都選挙区)の公設秘書で、後に同党の佐藤ゆかり衆院議員(比例近畿ブロック)の公設秘書も務めた。

検察側は冒頭陳述で「島根県や兵庫県でも強盗事件や窃盗事件を起こしており、共犯者に京都での犯行を打ち明けた」と指摘した。弁護側は「(被告が)犯人であるという証明はなされていない。(被告以外の)供述のみで証拠がない」と無罪を主張した。

起訴状によると、10年9月29日、宅配業者を装って社長(13年に死亡)宅に侵入し、妻(63)の首に刃物を突き付け、両手を結束バンドで縛るなどの暴行を加え、金庫から現金1億円を奪ったなどとしている。

上倉被告は他にも16年に島根県出雲市の住宅に宅配業者を装って押し入り、男性にけがをさせたとして、強盗致傷罪などで懲役5年の判決を受け確定。15年に兵庫県宝塚市の住宅に侵入し、現金約285万円が入った金庫を盗んだとして、大阪地検が窃盗と住居侵入の罪でも起訴している。

上倉被告は面会するよう脅迫する手紙を社長の妻に送ったとして強要未遂罪にも問われたが、手紙の投函(とうかん)のみを認め、脅迫の意図を否認した。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン