/

中村泰士さんが死去 作詞作曲家「喝采」や「北酒場」

ちあきなおみさんのヒット曲「喝采」などを手掛けた作詞作曲家の中村泰士(なかむら・たいじ、本名=たいし)さんが12月20日午後11時50分、肝臓がんのため大阪市内の病院で死去した。81歳だった。告別式は近親者で行った。喪主は長男、修士氏。

 中村泰士さん=共同

1957年に歌手デビュー。楽曲の制作を中心に活動するようになり、昭和の歌謡界でヒットメーカーとして活躍した。「喝采」のほか、細川たかしさんの「北酒場」を作曲し、72年、82年の日本レコード大賞をそれぞれ受賞した。

代表曲はほかに、園まりさん「夢は夜ひらく」、佐川満男さん「今は幸せかい」、桜田淳子さん「わたしの青い鳥」、五木ひろしさん「そして…めぐり逢い」、細川さん「心のこり」など。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン