/

この記事は会員限定です

空き家、空き地を農園に 人口減社会の市街地再生

[有料会員限定]

大阪市の南西部、住之江区の北加賀屋はかつて造船の街だった。約40年前に造船所が閉鎖し、関連工場も次々と姿を消し人口も減ったが、2000年代半ば以降、アーティストやクリエーターが集まる「アートの街」として再生してきた。

工場跡などにアトリエやギャラリーが入り、街角には色鮮やかな壁画の数々。風景になじんで見えるのは、SNS(交流サイト)で写真が拡散された成果だけでなく、日常の息づかいが感じられるからだ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り937文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン