/

この記事は会員限定です

大阪「広域一元化」実効性は? 維新、公明に3度譲歩

[有料会員限定]

大阪府と大阪市の広域行政の一部を一元化する条例案が24日、府議会で可決された。市議会は26日に可決する見通しで、大阪維新の会が示した「大阪都構想」の代案が一部実現する。維新が慎重姿勢だった公明党に3度にわたり譲歩し早期決着を図ったことで市の関与は当初案より強まり、府主導で都市開発を進める構想は実効性が不透明となった。

条例案は、大阪市のもつ7分野の都市計画権限を府に移管するのが柱。府・市によると、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り932文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン