/

ヘリコプター墜落、4人重傷 長野・青木村

(更新)

23日午前9時半ごろ、長野県青木村夫神で「ヘリがゆっくり落ちている」と110番があった。県警によると、田んぼの中の道路に6人が乗った民間ヘリコプターが墜落した。ヘリを操縦していた埼玉県上尾市の会社員の石尾範明さん(51)ら4人が背骨を折るなど重傷を負った。残る2人は軽傷という。

県警によると、周辺の住宅や人への被害は確認されていない。機体はブレード(羽根)が壊れ、落ちた際にドアが外れた。煙は出ておらず、火災も発生していないという。国土交通省などによると、ヘリは午前8時40分ごろ東京を離陸し、長野県松川村に向かう予定だった。

近くに住む女性(67)によると、周辺ではドクターヘリをよく見るが、いつもと違う大きな音がしたため自宅の外に出ると、消防のサイレンが聞こえたという。「こんなことになって驚いた」と話した。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン