/

高校生乗車のバス全焼 けが人なし、静岡・東名

(更新)

23日午前8時ごろ、静岡県牧之原市静谷の東名高速下り線で大型バスから出火した。約1時間半後に消し止められたが、全焼した。県警高速隊などによると、バスに乗っていたのは県立島田工業高校(同県島田市)サッカー部の高校生25人と運転手1人で、いずれも車外に避難してけがはなかった。高速隊が出火原因を調べている。

同校によると、高校生59人と教員1人がバス2台に分乗して、練習試合が行われる予定の浜松市に向かっていた。このうち先を走っていたバスが燃えたという。

高速隊によると、後続車の運転手がバスのエンジン付近から煙が出ているのに気付き、無線で連絡。バスを路肩に止めて高校生らを避難させた。

現場は吉田インターチェンジ(IC)―相良牧之原IC間で、下り線を通行止めにしたが、約4時間後に一部解除した。上り線も一時通行止めとなった。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン