/

高齢者向けワクチン接種、老健入所者から開始 大阪市

大阪市は23日、65歳以上の高齢者への新型コロナウイルスのワクチン接種について、介護老人保健施設(老健)の入所者から先行して実施することを決めた。4月12日の週以降に始める。4月はワクチン供給量が限定されているため、高齢者施設の中でも医療従事者が十分確保でき、副作用に対応できる老健を優先させる。その後は特別養護老人ホーム(特養)などの施設に拡充する。

市が23日に開催したワクチン接種推進本部会議で決めた。一般の高齢者への集団接種は5月17日の週以降に区民センターなどで始める計画だ。65歳未満の一般市民の接種について、松井一郎市長は7月以降になるとの見通しを示した。松井氏は「供給量が足りないから仕方がない。コールセンターが煩雑になる恐れがあるため、6月末までは65歳以上の方だけ問い合わせしてほしい」と話した。

同会議では、国から大阪府に供給されるワクチン数から、市に割り当てられる数の試算も報告された。4月末までに約6600人分、5月末までに約23万6000人分だった。6月末までに市内の高齢者約70万人分のワクチンが供給される予定だという。

新型コロナ特集ページへ

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン