/

笹酒祭りコロナでお酌中止 奈良・大安寺、持ち帰り制に

大安寺の「笹酒祭り」で拝観者に配られたペットボトル入りの日本酒と竹製の杯(23日午前、奈良市)=共同

奈良市の大安寺で23日、日本酒を振る舞って健康長寿や無病息災を祈る「笹酒祭り」が開かれた。例年は「笹娘」と呼ばれる着物姿の女性が竹の筒に入った日本酒を参拝客にお酌するのが風物詩だが、今年は新型コロナウイルス感染防止策としてお酌は行わず日本酒が入ったボトルを配る「持ち帰り制」とした。

境内のテントでは、マスクと透明な手袋を着用した笹娘が拝観者にペットボトル入りの酒と竹製の杯を配った。3回目の参加という奈良市のパートの女性(43)は「ボトルがかわいく、家に帰ってからゆっくりいただきます」と笑顔だった。

奈良時代に62歳で即位した光仁天皇が大安寺の境内に生えていた竹に酒をついで飲み、健康を保ったとされる故事にあやかった行事。この日は光仁天皇の命日とされる。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン