/

この記事は会員限定です

改ざん解明に黒塗りの壁 開示と尋問がカギ、森友訴訟

(更新) [有料会員限定]

学校法人「森友学園」問題で決裁文書の改ざんを強いられたのが自殺の原因として、元近畿財務局職員の赤木俊夫さん(当時54)の妻、雅子さんが国に損害賠償を求めた訴訟で、大阪地裁は23日、過程をまとめた「赤木ファイル」を証拠採用した。ファイルでは関与した職員名の多くは黒塗りで具体的な指示系統などは不明のまま。今後名前がどの程度開示され、証人尋問が実現するかが一連の経緯の解明の焦点になる。

大阪地裁(中尾彰...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1352文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン