/

この記事は会員限定です

「帰省自粛」悩む大学生 友人少なく孤独な年越しも

孤立防止へ、自治体など支援

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの収束が見えぬまま2020年が暮れていく。実家を離れて暮らす大学生らは、例年なら家族や友人との再会を待ちわびている時期だが、今年は様相が違う。自治体などの呼びかけで帰省を自粛し一人で年越しをする学生のために、大学や自治体は食料配布などの支援に取り組む。専門家は「学生の孤立を防ぎ、精神面のケアも必要」と訴える。

「想定を超える応募があった」。関西大(大阪府吹田市)は21日、一人暮ら...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1079文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン