/

この記事は会員限定です

血中酸素の計測器貸し出し 自治体、在宅で重症化防止 

[有料会員限定]

新型コロナウイルス患者の在宅療養が増える中、自治体が血中の酸素飽和度の計測器を貸し出す動きが広がっている。肺機能低下のサインを見逃さず、重症化する前に受診を促すのが目的だ。ただ需要の高まりでメーカーの在庫は乏しく、配布対象を限定する自治体もある。計測器だけに頼らず、気になる症状があれば早めに医師の診察を受けることが大切だ。

新規感染者の増加を受け、従来の方針を転換し21日から在宅療養を認めた神戸市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1493文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン