/

大阪府、「スマホ検査センター」開始 高齢者施設向け 

報道陣に公開されたスマホ検査センターでの検査キット受け渡しの職員によるデモンストレーション (21日、大阪市中央区)

大阪府は21日、高齢者施設での新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、府内12カ所の「スマホ検査センター」でPCR検査の受け付けを開始した。施設職員や入所者が対象で、発熱やせきなどの症状が少しでもあれば、病院や保健所を介さずに無償で検査を受けられる。

施設側はスマートフォンなどを使って申し込み、同センターで検査キットを受け取る。症状がある人の唾液を施設などで採取し、同センターに提出する。府は21日午前、大阪市中央区のセンターの内部を公開。検査キットの受け渡しをするデモンストレーションを行った。

検査結果は最短で翌朝に分かるという。陰性なら同センターから施設に通知が届くが、陽性の場合は保健所が濃厚接触者などの調査をする。1日計500件程度を目標としている。この日は午前11時時点で既に11件の申し込みがあったという。

府の担当者は「より簡便で効率的に検査を受けられるシステムを構築した。活用して初動対応につなげてほしい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

新型コロナ

新型コロナウイルスの関連ニュースをこちらでまとめてお読みいただけます。

ワクチン・治療薬 休業・補償 ビジネス 国内 海外 感染状況

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン