/

この記事は会員限定です

大阪府・市の一元化条例案、再開発や交通網など7分野

[有料会員限定]

大阪府・市が検討中の広域行政を一元化する条例案で、市が持つ大規模再開発や高速道路・鉄道の整備など、7分野の都市計画の権限を府に移管する内容を盛り込むことが21日、関係者への取材でわかった。大阪府域全体の視点でまちづくりを進めるのが狙い。条例案の主な事項は、府・市でつくる「副首都推進本部会議」の22日の会合で示す。

吉村洋文知事(大阪維新の会代表)と松井一郎市長(維新前代表)は条例案を2020年11...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り649文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン