/

笑福亭仁鶴さん死去 84歳、上方落語ブーム先導

(更新)

テレビや舞台などで幅広く活躍した上方落語家の笑福亭仁鶴(しょうふくてい・にかく、本名=岡本武士=おかもと・たけし)さんが8月17日、骨髄異形成症候群のため大阪府内の自宅で死去した。84歳だった。所属する吉本興業が20日発表した。告別式は近親者で行った。

大阪市出身。1962年に六代目笑福亭松鶴に入門、その後三代目笑福亭仁鶴を襲名した。深夜ラジオで若者の絶大な人気を得て、落語家タレントの先駆けに。月亭可朝、桂三枝(現・六代桂文枝)らとともに上方落語ブームを巻き起こした。

人気テレビ番組「ヤングおー!おー!」の司会や、即席カレーのテレビCM「3分間待つのだぞ」などのフレーズで全国区の知名度を得た。

74年、上方お笑い大賞を受賞。80年代から30年以上司会を務めたNHKの法律相談番組「バラエティー生活笑百科」では「四角い仁鶴がまぁーるくおさめまっせ」と独特の表情と軽妙な語り口の話芸を売りに広くお茶の間で親しまれた。

テレビやラジオなどで幅広く活躍、関西のお笑い界を長期間にわたりリードした。

落語家としては、70歳を超えてもホームグラウンドであるなんばグランド花月で独演会を開くなど、精力的に活動した。弟子に現上方落語協会会長の笑福亭仁智ら。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン