/

東京五輪「今夏は困難」 維新代表、2024年に延期提案

(更新)
取材に応じる日本維新の会代表の松井一郎市長(20日午後、大阪市役所)=共同

日本維新の会代表の松井一郎大阪市長は20日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて今夏の東京五輪・パラリンピック開催は困難との認識を示した。「今年夏は日本でワクチン接種できるかというと不可能。2024年を目指して国際オリンピック委員会(IOC)と交渉すべきだ」と述べた。市役所で記者団の取材に応じた。

松井氏は「世界中が未曽有の事態で、最悪なのは中止だ。24年を予定しているパリも準備が厳しくなっていると思う」と言及。その上で「24年に東京五輪、25年に国際博覧会(大阪・関西万博)となればコロナ後の経済復活の目標となる」と提案した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン