/

森友学園運営の幼稚園、3月末で休園へ 管財人

学校法人「森友学園」が運営する塚本幼稚園に止められたバス(19日、大阪市淀川区)=共同

民事再生中の学校法人「森友学園」の管財人は20日、同法人が運営する塚本幼稚園(大阪市淀川区)を3月末で休園すると明らかにした。再生計画では同幼稚園の収益により約8千万円の債務弁済を目指していたが、想定通りに園児が集まらず赤字が続いているため休園を決めた。

弁済には系列保育所用地の売却益を充てるとし、「学園が直ちに破産するものではない」と説明した。

同幼稚園には3月に卒園予定の5歳児が10人、3歳児が8人在園する。3歳児の保護者には転園にかかる費用を補填する。

2017年に大阪地裁が認可した計画では園児数を3年間で155人に増やすとしていたが、20年6月に4歳児が一斉に退園するなど、計画を大きく下回っていた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン