/

この記事は会員限定です

大阪府・市の広域行政「一元化」 課題を聞く

[有料会員限定]

住民投票で否決された「大阪都構想」の代案として、大阪市の広域行政の一部を大阪府に移す条例案の議論が大阪府・市議会で本格化する。政令指定都市の権限を道府県に移す構想は全国でも異例。専門家に条例案の妥当性や課題を聞く。

「成長戦略の協議、一つのあり方」 神戸大の砂原庸介教授

――大阪府・市の条例案をどう見ますか。

「成長戦略などについて関係自治体が協議し、一定の方向性を示すというのは地方自治の一つのあ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2362文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン