/

2女児放置死、母親に懲役6年 高松地裁「結果は重大」

高松市で昨年9月、女児2人を乗用車内に長時間置き去りにして熱中症で死なせたとして、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親、竹内麻理亜被告(27)の裁判員裁判で、高松地裁(近道暁郎裁判長)は19日「2人の幼い子どもが亡くなったという結果はあまりに重大だ」とし、求刑通り懲役6年の判決を言い渡した。

近道裁判長は判決理由で、暑い日の夜に密閉された車内で約15時間にわたり放置し、熱中症の危険が高く悪質だと指摘。「子どもたちが人生を奪われた不幸は計り知れない」と述べた。

被告は以前から飲酒などのために放置行為を繰り返し、さまざまな危険があることを分かりながら犯行に及んだとし「育児に関するストレスや孤独感などが背景にあることを踏まえても、動機は身勝手で強く非難されるべきだ」と指摘。犯行を認めて悔いていることや、夫が厳罰を望まないと証言したことなどの事情を考慮しても刑事責任は重いと判断した。

一方で日中は特に問題なく育児を行っており、児童虐待事案とは異なるとも言及した。

判決によると、被告はバーで飲酒しようなどと考え、昨年9月2日午後9時15分ごろから翌3日午後0時20分ごろまでの約15時間、高松市内の駐車場に止めた車に長女、真友理ちゃん(6)と次女、友理恵ちゃん(3)を置き去りにし、死亡させた。初公判で起訴内容を認めていた。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン