/

この記事は会員限定です

明石歩道橋事故20年、初の強制起訴「民意」議論続く

(更新) [有料会員限定]

2001年に兵庫県明石市で花火大会の見物客11人が死亡した事故から21日で20年。事故では検察が不起訴にした当時の警察幹部が改正検察審査会法施行後に初めて強制起訴され、検察の判断に「民意」が及ぶようになったことを評価する声が上がる。一方、同事故を含め強制起訴では無罪が相次ぎ、審査過程が非公開などの点に異論も出ている。真相究明と再発防止が求められる中、運用面で議論すべき課題は少なくない。

強制起訴制...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1631文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン