/

この記事は会員限定です

「一元化」条例案可決へ 大阪府・市が修正案、公明賛成

[有料会員限定]

大阪府・市の広域行政の一部を一元化する条例案を巡り、公明党が求める修正に応じ、府・市が修正案を府・市両議会に提出することが19日、関係者への取材でわかった。条例制定は大阪維新の会が「大阪都構想」の代案として推進している。公明は修正されれば条例案に賛成する方針で、府・市両議会での可決が確実となった。

大規模な都市計画という政令指定都市の中核的な権限を道府県に移すのは全国初となる。

府・市が作成した条...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り910文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン