/

この記事は会員限定です

大阪万博パビリオン、23年度から建設 基本計画策定

(更新) [有料会員限定]

2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の会場設計や展示内容などに関する「基本計画」を運営主体となる「日本国際博覧会協会」が25日、公表した。23年度から会場施設の建設や入場券販売などを開始。会場内では水素エネルギーを活用するなどして脱炭素社会のあり方やデジタル技術の活用方法を世界に発信する。日本政府は、前回の愛知万博(05年)を上回る世界150カ国・地域の参加を目標に招致活動を開始。基本計画に基づ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り823文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン