/

この記事は会員限定です

大阪万博 準備スタート コロナ禍逆風、どう克服

[有料会員限定]

2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の基本計画が25日に公表され、開幕に向けた準備が本格化する。新型コロナウイルスの感染拡大で、パビリオン出展が期待される企業や各国の関心が高まっているとはいえない。会場の感染症対策の強化も課題となる。開幕まで4年強。国内の機運を醸成し、準備作業を順調に進められるか、課題は多い。

「関心を持っている企業や団体に(基本計画を)見ていただき、参加を促したい」。万博の運...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2747文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン