/

この記事は会員限定です

「私もがん」命燃やす医師 緩和ケア、患者と寄り添う

[有料会員限定]

「できるだけ家族のそばにいて、自宅で最期を迎えたい」。JR三ノ宮駅(神戸市)から車で20分ほどの住宅街にある在宅療養支援診療所「関本クリニック」。院長の関本剛さん(44)は緩和ケア医として、がん患者の疑問や不安に日々、耳を傾ける。

2019年10月、自身もがんで余命2年の宣告を受けた。「緩和ケア医の集大成をみせる」。その思いを原動力に、治療と仕事の両立を続ける。

緩和ケア医としての原点にあるのは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1598文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

多様化する働き方や社会の変化に戸惑いながらも、答えを探す人たちの群像を描きます。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません