/

この記事は会員限定です

広域の意思決定を一元化 大阪府・市、条例案概要

[有料会員限定]

「大阪都構想」の代案として、大阪府・市が検討している条例案の概要が22日、府・市関係者への取材で分かった。府・市などでつくる「副首都推進本部」を条例に明記して格上げし、成長戦略や広域的なまちづくりを巡る府・市の意思決定を同本部に一元化する。28日の同本部会議で骨子を示し、詳細を詰めた上で2月の府・市両議会に条例案を提出する。

2015年12月に設置された副首都推進本部は、府・市の内規である「要綱」...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り622文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン