/

この記事は会員限定です

環状の大屋根に170億円 大阪万博会場、なぜ大幅変更?

[有料会員限定]

2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の会場設計が大幅変更されることになった。170億円を投じて環状の大屋根(空中リング)を建設。移動しやすくし、新型コロナウイルス下の協調の象徴とも位置づける。基本計画に携わるプロデューサーの意向を重視した。パビリオンの配置は当初の中心を設けない分散型から、中心部に憩いの場のある左右対称型になる。

「大阪・関西万博が提示する未来社会は中心から形作られていくものでは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1005文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン