/

この記事は会員限定です

認知症の事故補償、自治体が保険料負担 賠償請求に備え

[有料会員限定]

認知症の人が事故を起こした際に本人や家族が高額な損害賠償を求められるケースに備え、自治体が公費で保険料を負担する取り組みが広がっている。高齢化が進む中、安心して地域で暮らせるように環境を整える狙いがある。導入したのは全国で60自治体以上に上るが、小規模な自治体は財源の確保が難しいとの課題も指摘されている。

兵庫県尼崎市は2020年10月、認知症の人が事故などを起こした際の救済策として、民間の個人賠...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1533文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン