/

大阪市、USJで「成人式」開催 5月後半で調整

大阪市は15日、新型コロナウイルスの影響で延期している成人式の代替として、ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ、大阪市)で式典を開催すると発表した。イベント開催の入場制限が緩和されれば、5月後半に実施する方向で調整する。大阪市では区ごとに成人式を開いており、各区はUSJの式典とは別に開催可否などを判断する方針だ。

市によると、USJを運営するユー・エス・ジェイ(大阪市)が市の求めに応じた。入場料はユー・エス・ジェイ、式典や感染防止対策にかかる費用は市が負担する。成人式の開催日は新成人を対象にテーマパークを開放し、アトラクションを無料で利用できるようにすることも検討している。

松井一郎市長は15日、記者団の取材に「各区の事情によっては(成人式が)開催できないところもある。新成人の思い出に残る式典を実施したい」と説明。一方で「開催直前に緊急事態宣言が出れば成人式を開催できない」とも述べた。

市は新型コロナの感染状況を踏まえ、各区で1月10日と11日に予定していた成人式の年度内の開催を見送っていた。4月以降は新型コロナワクチンの集団接種会場として区民センターなどが想定されており、成人式会場の調整が必要だった。2020年度の大阪市内の新成人は約2万5千人。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン