/

この記事は会員限定です

部活動と体罰、根絶への道遠く 対症療法の効果に疑問

[有料会員限定]

生徒2人に体罰で重軽傷を負わせたとして、兵庫県宝塚市の市立中学校の男性教諭=傷害罪で起訴=が11月末に懲戒免職となった。教諭は柔道部の顧問で有段者。9月下旬、道場の冷凍庫にあったアイスを部員が無断で食べたことをとがめ、投げ技や寝技による暴行を加えたという。

「報告を受け、我が耳を疑った」。同市の中川智子市長は市民への謝罪の中でこう吐露した。教諭は過去に3度も体罰で処分を受けていた。学校側はなぜ顧問...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り917文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン