/

グラミー賞、小川慶太さん参加グループに BTSは逃す

(更新)
ドラマー、パーカッショニストの小川慶太さん=本人提供・共同

【ロサンゼルス=共同】米音楽界最高の栄誉とされる「第63回グラミー賞」の発表・授賞式が14日(日本時間15日)開かれ、長崎県出身のドラマー、パーカッショニストの小川慶太さんが参加するバンド「スナーキー・パピー」の「ライブ・アット・ザ・ロイヤル・アルバート・ホール」が最優秀コンテンポラリー・インストゥルメンタル・アルバム賞を受賞した。

小川さんはニューヨークを拠点に活動。スナーキー・パピーの一員として同賞を獲得した2017年に続く受賞で「素晴らしいチームと一緒に作品をつくり、賞を取れたことはとても光栄で幸せ。新型コロナウイルスで大変な一年だったが、これを励みに突き進んでいきたい」と語った。

群馬県出身のギタリスト、マサ小浜さんが参加した米ミュージシャン、ファンタスティック・ネグリートさんの作品も最優秀コンテンポラリー・ブルース・アルバム賞を受賞した。

韓国の男性音楽グループ「BTS(防弾少年団)」の「Dynamite(ダイナマイト)」が最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞の候補となり注目を集めたが、受賞はならなかった。主要4部門では最優秀レコード賞をビリー・アイリッシュさんの「エブリシング・アイ・ウォンテッド」、最優秀アルバム賞をテイラー・スウィフトさんの「フォークロア」が獲得。最優秀新人賞には女性ラッパーのミーガン・ジー・スタリオンさん、最優秀楽曲賞には黒人女性歌手、H.E.R.さんの「アイ・キャント・ブリーズ」が選ばれた。

「ブラック・ライブズ・マター(黒人の命も大事だ)」運動が全米各地に広がった昨年、奴隷解放記念日に合わせて新曲「ブラック・パレード」をリリースしたビヨンセさんも賞を受賞し、通算受賞数は女性アーティストで最多となった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン