/

この記事は会員限定です

「食い倒れの街」に静けさ 緊急事態、再発令の大阪

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大で大阪府が時短営業要請を強化した14日、大阪の繁華街の夜間の人通りはまばらだった。酒類提供は午後7時までとの要請で、客が見込めないと臨時休業する飲食店も。緊急事態宣言の再発令を受けた「食い倒れの街」には静けさが漂っていた。

大阪市中央区の繁華街・ミナミ。グリコサインで有名な道頓堀周辺を歩くと、飲食店だけでなく、ドラッグストアや雑貨店でも「1月14日から2月7日まで臨時休...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り438文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン